いつも今ここから、新しいスタートを

今ここで悩んだり迷ったりしている人達に向けて、希望のメッセージを発信したい。悩み迷いの元には、個人の問題ではなく、共通の原因があります。それに気付いて、共に少しづつ明るい未来に進めたら。~~~プロフィール記事や連絡先は【id:c117afujiwara】から入ってください。

【繊細で痛みを感じやすい先生の皆さん】へ・・・みんなで頑張ろう!

何日間かに分けて
教員免許講習をしています。
普段の学びや実践を見直して整理するのにはよい機会です。

それでも「繊細な性質を生かす」「やるやる主義の外に出る」
を大事にしている身にとっては
どうしても価値観が当たって大変な部分も多いです。
今日はそんなことばかりだったので
新しい気付きも多くなりました。
これはいいことなんだろうな・・・って。
もちろん100%そうとは思えないですけどね。

話を聴いているとやっぱり
話している人自身も対象も
「外向的な人」「鈍感な人」
「エネルギーを発散する人」なんだな。
いきなり「自分の体験を隣の人に話してみましょう」とか
講義の展開がどんどん変わっても
(理解度は別として)ほとんどの人は苦にせずやっている。
こういう場面はつらいなと感じます。

自分みたいなタイプは
感じたことをその場で放っておけないで
言葉が出るまで/納得いくまで考えたい!の傾向がある。
「自分はこう思うんだけど・・・」「なんか違う感じ」
これを周りに無視されて
「その瞬間に集中!」ってされると
「何も気付かないように」「あなたの感じたことは間違ってる」って
【否定されたように】感じるのです。
こうなると事実はどうであっても
その場に戻ってくることはまず不可能でしょう。
今回は自分のことだけ考えて過ごせたので何とかなりました。

たくさんの先生がいますけど
【内向的】な人は多くても
【痛みを感じやすい人】は少ない印象です。
「あなたの個性を大事に」といわれても
その人自身がエネルギー発散型なので
「やっぱり・・・」ってなる。
でも
【内向的で痛みを感じやすい人】がいないと
どんな場も必ず崩れるし
懐の深さが全く違うんです。
このことはちゃんと言っておきたいと思います。
【鈍感な人】ではなかなか目が行かないから。

来週また続くので
気持ちを新しくして臨みたいと思います。

~~~
静岡の三島・韮山・沼津を巡ってきたものです。
美しい景色と出会って心の奥深くから感動しよう。

f:id:c117afujiwara:20190819210829j:plain

f:id:c117afujiwara:20190819210900j:plain

f:id:c117afujiwara:20190819210718j:plain
~~~
ブログの感想・お問い合わせはこちらまでお願いします
c117afujiwara%gmail.com(%は@にしてください)