いつも今ここから、新しいスタートを

今ここで悩んだり迷ったりしている人達に向けて、希望のメッセージを発信したい。悩み迷いの元には、個人の問題ではなく、共通の原因があります。それに気付いて、共に少しづつ明るい未来に進めたら。~~~プロフィール記事や連絡先は【id:c117afujiwara】から入ってください。

自分がどうして将棋をやってきたのか~~~『うつ病九段』を手に取ってみました


うつ病の体験記ですので
落ち込んでしまうかも・・・という方は飛ばしてください。

 

 


~~~
喜んで手に取るというものではないけど
将棋ファンとしてはやはり見ておきたい本だと思いました

少し前にテレビの解説でも登場して
元気になっているのでよかったと思いました

将棋は頭脳スポーツなので
うつ病とかの症状はそのまま選手生命に関わるかもしれない
その辺りの不安と葛藤と回復までの道程が伝わったら・・・
あとはこうして注目されるようになった将棋界だけど
いろいろな個性がある棋士仲間の人間模様を
知ってもらえたらと思います

~~~
自分もどうして将棋をやってきたのか
それを言葉にして確認することができた部分を引用します
ありがとうございました

~~~
先崎学(せんざきまなぶ)『うつ病九段』より
 将棋は、弱者、マイノリティーのためにあるゲームだと信じて生きてきた。国籍、性別、肉体的なことから一切公平なゲーム、それが将棋だ。私は、その将棋のプロであることに誇りを持って生きてきた。

 うつ病になったのをまわりに隠さず、病院にも皆に来てもらったのは、こうした私の思想的バックボーンがあったからだ。

 ・・・差別的な偏見はなくならない。ただし、まるごと空洞化することはできると思う。それには、皆が堂々と生きることである。まともに生きればよい。まともに生きている人間を馬鹿にする奴はまともではない。馬鹿である。

 

f:id:c117afujiwara:20190612210050j:plain

~~~
ブログの感想・お問い合わせはこちらまでお願いします
c117afujiwara%gmail.com(%は@にしてください)